日本シリーズとウボォーギン

 監修して、久しぶりに八時間寝ました。
 起きたら日シリがすでに七回と完全に寝過ごしました。近年で一番おもしろい試合だったので、最初から見たかった。
 贔屓選手やチームはないけど、サファテ選手の闘魂とはしゃぎっぷりがいいなぁと。長髪のとき、心中でウボォーギンと呼んでいてすみません。
 
 たまたま幸運が来ただけでは、ああまでは喜べないと思います。なにかをやり遂げて拳を握るほどの喜び、身が震えるほどの感動は頑張った結果でないと実感できないのでしょう。人生のどこかで、なるべくなら幼少期から思春期でやり遂げた喜びを一回でも経験すると、以降頑張ろうと思えるのではないでしょうか。

 個人的体験では、そういうことがあまりないので、淡々とやっております。
 本を書きあげるたびに「よく完成できた。奇跡にすぎる」といった感じで、喜びより、驚きです。毎回毎回、奇跡が一個か二個起こらないとできないという、奇跡頼みの仕事です。「先のことは先の自分が考える」という週刊漫画家理論でやっております。
スポンサーサイト