FC2ブログ

最近見たもの

「ショートショートフィルムフィスティバル アジア」
 アカデミー賞公認の短編賞。
 一話目。外国人YouTuber、アレックスとホセが日本のグルメレポートをしていて、日本っぽい観客をホセが探す。日本っぽさは幻想で、現代の日本人、タクシー運転手にオタクにコスプレイヤーにヤンキーに外国人に見える日本人にと、最後はインド的ダンス世界に。
 二話目。母を失った子供と父親を、アウトローの女性がその母の墓にまで連れていく。
 三本目。アメリカ移住した中国人の親子の話。英語が下手で困る母。現地の学校になじむために妹への意地悪に姉が同調する。姉はストレスから万引きをする。ばれて母親に怒られるが、妹と風呂場で和解。
 短編だからと切れ味を期待したら、わりと全部アットホームだった。

「ミニオンズ」
 ミニオンズは人類以前からいて、ボスを幸せにしたいという習性がある生物だそうな。恐竜から人類、古代エジプト文明から中世のバンパイア、ナポレオンにと、ミニオンがつく。
 が、ミニオンズは基本役立たずなので、ついたボスは死ぬか負ける。ナポレオンのロシア戦役に従軍したがはぐれて独自の文明を作るが、再びボスを求め、1968年になって外へ出ててんやわんやの話。
 ミニオンズには単眼と複眼がいて、種族的にどう伝わり、増えているのか謎。恐竜時代からなら、最低でも6000万年生きている。さらに爆発でも死なないし、不老かつ半不死ではないかと思われる(死を恐れる描写があるので、完全な不死ではないのだろうが)
 あと人類よりかなり早く金属縁でガラスが嵌まったゴーグルを開発していて、材料工学において優れた種族。
 
 エリザベス女王のエルボーと膝蹴りとエルボースタンプが出て、向こうの王族はフランクに扱われる。なお女王は雑談しながら酒場の荒くれ相手に腕相撲で勝つほどクソ強い。ミニオンズがアーサー王の剣を抜いて王になるとかも、王権の仕組みがてきとーで、これも扱いがフランク。

「東京ゴッドファーザーズ」
 今敏監督作品。今更説明することもないが、三人の名付け親から着想された、クリスマスにホームレス三人が赤子を拾う話。
 ホームレス狩りにヤクザの暗殺未遂、ギャンブル中毒、宗教依存に自殺未遂と絡みながらも、奇跡の夜が起こる。
 
 としていたらITが始まったので見る。これ、ジョージィが恐怖心を持たないタイプの子か、全米アームレスリング王者だった場合、ペニーワイズを力ずくで引き出して、開始五分半で話が終わる。力こそパワー。
 ……とかまぁ考えるのが日本人。アメリカだと赤い風船を町中に仕掛けると、警察や消防車が出てくるくらい怖がられている。
スポンサーサイト