FC2ブログ

子供心も意識的に維持しないと消える

 不要な家具を解体するためにのこぎりでええかとしたら、歯が立たないし、なおかつ遅い。電気のこぎりといきたいが、さすがにうるさすぎる。
 結論として斧を買う。いわゆる片手用手斧ではなく、長柄を両手で握って振り下ろす巻き割り用斧。市販の斧は安全と輸送のために研ぎが抑えられているので、研ぎ石で研いでいく。まぁまぁ切れるようになったのでざくざく割っていく。わお蛮族。

 家には防犯用に金属バットがある。
 ただ、ゾンビが出た場合には武器として貧弱。ゾンビが頭部、脳機能を破壊しないと止まらないなら、内部が中空の金属バットの打撃力では不安が残る。斧なら命中すればなんとかなるだろう。
 刀は人には有効だろうが、脳の一撃破壊には向いていない。そして銃刀法その他で所持大変だろうし、ちゃんとしたのって高い。
 槍で目ごと脳を突く、が正解で自作もできそう。ただ、刺突武器は刺したら抜いてで複数ゾンビに囲まれたらアウト。あと、槍って普段の生活に使い道がねえ。まったくねえ。
 薙刀は長柄かつ大きな刃でしかも足を薙ぎ払うので強そうだが、そもそもどこで売っているんだよ。
 などというボンクラなことを考え、斧を振って解体作業をしていく。
 
 実は、こういう子供心、いわゆる冗談を言うことや好奇心などは自然に消えていく。
 さらに、ただでさえ二度の訴訟や人生で大変なことが満載だと、消える。事故や災害や犯罪の被害者がおもしろギャグを言えるかというと、それは本当は無理。あえてボンクラなことを言ってやって維持していくしかない。
 世に溢れる異常につまらないおじさんおばさん、老人たちってのは、そういう子供心の維持をいらんものとして、結果として退屈さに当たり散らしているんじゃねーのと思う。
スポンサーサイト