FC2ブログ

ニャンクシーと負傷とバイト炎上とスーパーセンスの有無

 猫がゲロを吐くと、バンクシーのストリートアートだと思うことにしますません。乾いていないコンクリの上を猫が踏んでできた痕跡をニャンクシーと言う、みたいなワードも埋葬。

 料理中に指と掌を切って、一日たってようやく塞がる。が、指先を使うとまた傷口が開いて、とさらに二日かかる。良いことがさっぱりないです。

 前にもあったけど、またアルバイトが炎上動画で首になり損害賠償を求められる事件が多いようです。義務や責任感を持たない、ハズレの人たちを使わないとならないほど人材不足の状況なのではと思う。人が足りなくてよくコンビニで日本語すら怪しい外国の人が働いている。だけど、日本語が話せる引きニートなどよりはよほどマシなのだろう。
 そして企業や仕事が苛烈になり、人々が義務や責任を持ちにくいのだろうと思う。仕事がなければ1円でも人は働くかというと、そうもいかないらしい。ある一定以下の賃金や待遇となると、どれだけ困窮していてもその仕事を人は拒否する。寝ていたほうがマシ、と思うのだそうな。

 この手のことで連想したが、スーパーセンスという単語がある。超自然を信じる傾向だけど、なにかを神聖かと思う心のことでもある。この心は間違えば狂信や差別を生むのですが、一切ない人間も困る。愛も友情も正義もなく、なにに対しても義務や責任を感じず、忠誠心を持たない。神聖さを感じないので、すべてを金銭や利益に換算して裏切ることも平気となる。そういう意味では信用してはならない人である。
 そういう神聖さをなにも持たない本人もしんどいだろうとは思う。なにも神聖と思わないなら、なににも命や誇りをかけられないし、人生を大事にも幸福にも思えなくなるだろう。それはもう生きて歩く死人、ゾンビのような人生だ。
スポンサーサイト