FC2ブログ

猿の惑星とアラモ

 腹の左下が痛い。風呂に入ると治る。今でこれなら、もっと年を取ると体のあちこちが痛くなるわけで、老人はそりゃ始終不機嫌ですわな。

「猿の惑星 創世記」
 一回見たけど、途中寝てしまったので通して見る。人だろうと動物だろうと虐待差別はあかんわな、と分かるのだけど世の中から一向に減らない。
 チンパンジーは同種でも別の群れを襲って殺して食べ、ゴリラは子殺しをし、オランウータンにはレイプが多い。知能を持った類人猿たちも、いずれ人類と同じ道を歩むだろうと思わせる。
 他生物を殺して食べて、繁殖が至上命題で同種族でも争うという地球生物のシステム、基本的に凶暴にならざるをえないなぁと思えた。

「アラモ」
 アラモを守るテキサス独立派250人。対するメキシコ軍はナポレオン風装備と戦術で1600人という、アラモの戦いを描く。
 若い指揮官のトラヴィスは義勇軍から侮られる。が、相手からの砲弾が不発弾だったからと、拾って導火線を切って再利用する糞度胸に人々がついていくシーンは胸熱。一人捕らえられたデイビー・クロケットが勝者に降伏勧告を求められて、逆に降伏を進めるシーンも。指揮官というのはなかなか現れない資質なのだと思う。
 指導者や指揮官を人気投票で選ぶのは難があると思われる。まともな人はまともな人が好きなので、人気投票では人格や私生活に問題があるような人を選ばない。一方で非常時や危機には、解決能力がある異常者を選ばないとならない時もある。
スポンサーサイト