FC2ブログ

カンダタも困るし、五分と等身大の魂

 夜に仕事していると部屋の中をカナブンが飛んだ。うへと思ってティッシュで摑んで外に出そう、と振り返ったらいない。猫が食べたのかと思って諦める。
 三十分後。玄関のドアの所で出たそうにもぞもぞしていた。ドア開けて外に出す。これ、死後に蜘蛛の糸が垂れてきて助けられるやつだけど、カナブンは小さすぎて乗れないし、私を助ける方法が思いつかない。

 そういえば一寸の虫にも五分の魂って、3cmの虫にも1・5cmほどの魂あるぞということらしいけど、昔の人も虫はやっぱり50%OFFで考えていた模様。とすると、人間には身長と同じくらいの魂があるって考えられていたのか。虫で50%OFFなら、猫は犬は牛は豚は鶏は、そしてミツユビナマケモノの魂はどれほどの長さになるのだろうか。
 しかし、漫画で魂がひょろろろと抜けるときも、身長くらいあると長くて書きにくい。あとその長さの魂は巻いているのか、それとも直線で伸ばしているとして、先っぽは左右の足のどちらかに収めているのか。事故で足を失ったら、魂がはみ出るが、それはいいのか。そしてなんとなく魂は頭から足って垂直方向に設定したけど、左右の手を広げた長さも身長くらいで水平に収納もできるぞ。左右の手のどちらが魂の前を収納するのか。そして魂に前ってあるの。
 とまぁ、魂を視覚化できる質量としたときは、収納方法が問題になるよね。
スポンサーサイト