FC2ブログ
Gallery

最近見たもの

 娯楽作家が言うことではないが、今はまだ三年前からの悲しみと痛みのリハビリ中である。少しは回復してSNSで戯れている、とでも思っていただきたい。

「ハンニバル」
 何回か見たけど、レクターの展覧会になってしまったように思う。
 原因はレクターを狙う大富豪のキャラが弱い。狂気の頭脳戦はなく、単に部下を使って誘拐、脱出されて裏切られて死、とうーんとなる展開。とんでもない邪悪対邪悪の対決に、FBI捜査官が翻弄されても良かったかなと。
 
「トレインミッション」
 電車のなかで、突然謎の指示を受けるリーアム・ニーソン。だんだんと巨悪の陰謀だと分かる。
 真犯人が狙うプリンの特定で、最後の乗客たちによる「俺がプリン」「私がプリン」 「いいや自分こそがプリンだ」という嘘の名乗りに市民の気高さを見る。
 
「絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~」
 犯罪が起こる前に予測するシステムから、犯罪を止める捜査官の話。犯罪被害者が犯罪を止めるために起こす犯罪と、もう悲劇の連鎖。しかも事件の発端が狂気による毒物散布と、なんともこの世の不条理を感じる。この世の悲惨の理由には悪意もあるが、狂気とバカと無能のほうが大きい割合を占めるように思う。
 
「恋する小惑星」
 天体観測部と地学部が合同してなんやかや。いろいろなことが後輩へと受け継がれていくのは部活ものの良さ。
 
「ぼくのヒーローアカデミア」
 子供を救うために血の滲む修練で得た能力を捨てる透、ずっと二位のヒーローだったエンデバーの覚悟とある。
 現代でヒーローを描くのは難しい。ザ・ボーイズが出た後では。

「ゲゲゲの鬼太郎」
 現代風にアレンジされた脚本のレベルが全体的に高い。まぼろしの汽車はバタフライ・エフェクトをもっとも上手く咀嚼したアニメ。最後もぬらりひょんの強くはない怖さというのものがよくできていた。鬼太郎を救うために記憶を失った少女を、それでも十年後に救う鬼太郎、いつまでもヒーローであるかっこよさ。

「アバローのプリンセス エレナ」
 ラテン系ディズニー。最後に従兄弟の大臣の過去の裏切りが発覚してとまだまだ続きそう。

「ワイルド・スピード SKY MISSION」
  ステイサムが悪役となる回。ブライアン役のポール・ウォーカーが撮影前に事故死したため、作中でも反映され、弟たちとCGが代役を務める。
 最後のブライアンの幻影との併走、そして分かれ道は悲しくも美しい。

「トイストーリー3」
 夜中に通して見る。なんというか、捨てられゆく玩具に自分を重ねずに見られる人は幸いであろう。
 そして子供がいないことは、自分の玩具を継承させる相手もいないことであり、少し寂しく思う。
スポンサーサイト



「暴力と不平等の人類史」

「暴力と不平等の人類史」ウォルター・シャイデル著。
 ピケティの著作に刺激されて、人類史における不平等を調べた本。そして人類史の戦争と革命と崩壊と疫病が、平等への大きな役割を果たしたことを検証していく。
 しかし、これがもう気が滅入る本で、読み終えるのに半年かかっている。
 戦争では、第二世界大戦後の日本は250万人が戦死→トップ1%の富が9割下落。
 革命では、毛沢東の大躍進は4000万人以上死亡→ジニ係数の劇的改善。
 崩壊では、西ローマ帝国の崩壊であらゆる支配層の消滅→搾取の終戦と生活向上
 疫病では、欧州のペストで2000万人が死亡→人口減によって実質賃金が二倍以上となる。
 気が滅入る理由は、これらの膨大な犠牲は悲劇であるが、それでも犠牲によって不平等が軽減されるのは、富裕層の富が減ることが多いし、中位下位へと富が分配されたことは多くない。ようするに全体的に貧乏になり、富裕層にダメージが大きかっただけのことが多い。
 なにより気が滅入るのは、それでもの不平等の軽減が、一時的なものであること。
 人口が回復し、政府が腐敗し、間違ったイデオロギーの間違った政策、支配者や富裕層の強欲で、結局一定の不平等に戻っていくということである。
 そして今しばらくはこの傾向が続く。別著者となるが、ピンカーによれば、格差は広がったが貧困層の生活が上昇している。格差より貧困の撲滅ができていることが重要とした。最近はピケティ→シャイデル→ピンカー&ユヴァリによる研究リレーである。
 
 現状のCOVIC-19問題に関わる項目としては疫病。古代中世はちょっと参考にならないので近いものをこの本から呼び出すと、1918~1920年のインフルエンザの世界的大流行は5000万~一億人、当時の人口の約3~5%の死者を出した。それが不平等の解決に大きく影響したかというと定かではない。第一次世界大戦の副作用の平等化の時期と重なったこともある。ただ、近代以降ではその程度の人口減で賃金上昇といった劇的な変化は起こらないであろうともされていた。

『されど罪人は竜と踊る1』朗読 田尻浩章さんが0時~24時まで聴き放題

聴き放題
 本日2020年四月二十二日は『されど罪人は竜と踊る1朗読 田尻浩章さんが0時~24時まで聴き放題』となっております。ご自宅でのBGMにいかがでしょうか。本日だけなのでご注意です。
 なお作者も先ほど知ったのですが、朗読時間14時間10分51秒って大作ドラマの分量か! これをやりきった声優、田尻さんには頭が下がります。

『されど罪人は竜と踊る 輪舞』期間限定無料お試し版

『されど罪人は竜と踊る 輪舞(1)』『されど罪人は竜と踊る 輪舞(2)』のKindle版が、2020年4月30日22:00までの期間限定無料お試し版となっています。大変な時期でありますが、ご自宅での読書にいかがでしょうか。

「千歳くんはラムネ瓶のなか 3」の献本が届いたよ

 編集部から、裕夢さん著「千歳くんはラムネ瓶のなか 3」の献本が届いたよ。

千歳君
 千歳くんはコーラのペットボトルのなか、というダジャレが決まった。決して、ラムネ瓶なんか家にないし、今飲んでいるコーラでいいんじゃないかな、と思ってやったわけではない。決して。

本番
 さすがに前のは人としてどうかと思う。たぶんこういうイメージの販売路線だろうなぁと再挑戦。


↑よろしくいただければ幸いに存じます。