FC2ブログ
Gallery

最近見たもの

 朝の皇室番組を見ていた。天皇陛下には敬語だけど、ローマ教皇フランシスコには猊下も聖下も台下もつけず敬語も使わない。両方に使うと敬意が示せないとしたのだろうけど、外国の偉い人にもちゃんとしたほうがええと思う。

「ランボー」
 午後ローでやっていたので、また見てみる。
 アクションと分類しているけど、悲しみの話である。「俺たちが国を愛したように、国も俺たちを愛してくれ」は、1ではなく2の台詞だったっぽい。そしてその台詞に、報われない愛があった人は胸を打たれるのだ。

「クロッシングデイ」
 監督の自伝的映画。身よりのない少年二人が犯罪者の手先となる。そのまま大人になり、逮捕され、服役し、世間に戻る。一人は家族を養おうとするが仕事がない。一人は一発逆転で現金輸送車を襲おうと誘う。
 強盗が失敗、刑務所へ逆戻りする、という夢を見てしまって一人は子供のために計画から降りる。一人は決行し、懲役50年の刑を受ける。
 実話ベースゆえにめさめさ地味だが、誰もがどこかでこうなったかもしれない。
 
「3D彼女 リアルガール」
 後半。前半は自分が好きなキャラならこうする、というオタク属性からの善性だったが、後半はどちらかというと、人との関係性で良い人となっている。そして終盤は難病&記憶喪失ものとなる。

 人は変わっていける、がテーマだけど、人は変われる、とは言っていないのが良心。悪人や異常者の人生には愛も友情も深い感動も善行の達成感もなにもなく、しかも変わらない。それはそれで辛いことだなと思える。

 2000年代のオタク娯楽は「ダメなままの自分を受け入れてくれるどこかはないか」という彷徨と甘えだったと思う。
 2010年代は悪化し「ダメな自分のままで現世は受け入れてくれないなら、異世界に行こう」となっている。そして、経緯的には、2000年代の甘えを真に受けた人たちが、2010年代にスライドして人生により行き詰まって、より先鋭的な願望になってしまったのだと思う。
 軽く見ることはできない。それらは、無関係な人に憎悪を向けるアメリカの日刊銃乱射犯や、現世に絶望し来世に期待するイスラム原理主義テロリストたちと同じ心情ではないかと思える。
 古代中世の死と暴力と疫病と飢えから解放された近代に生きているのに、どこか不毛で空虚に思える感覚が世界中に広まっている。
スポンサーサイト



ここ数日の判決で

 ここ数日「三人殺すと死刑だから二人殺した」の新幹線殺傷事件の犯人、新潟女児殺人事件の犯人、熊谷六人殺害のペルー人がそれぞれ計画性がないから、心神耗弱や心神喪失で死刑ではなく無期懲役となっていた。最後の事件では、ご遺族が犯人を殺したいと明言していて、心情がすごく理解できる。
 
 三人殺せば死刑の根拠としては、昔あった凶悪事件である永山基準がよく言われる。ただ、歴史の本を見ていると、もっと古くからその通念があると思われる。日本では唐律、当時の中国の法を元にした八世紀の大宝律令で、八虐という八つの大罪が死刑の対象となっていた。
 当時は被害に見合う金銭支払いができれば貴族は許されるという特権があったが、八虐はそれすら許されない大罪とされていた。八虐は天皇殺害や国家転覆を企てる罪の他、不道といって一家三人を殺すことも入っている。八虐は概ね死刑、それこそ斬首刑となっていた(その後盗みでは死刑にはならないなど法律が改変されていく)
 そういう意味では、三人殺害は問答無用で死刑というのが日本人の感覚となっている。社会がそうしているだけで、個人や市民感情としては人数ではないと思う。

 個人的には心神耗弱や心神喪失だからと死刑にならない、またはそれによる減刑を犯人や弁護側が狙うのは理解できない。
 心神喪失、判断や責任能力がないとされるほどの病気なら仕事や日常生活もできず、病院に収容されるか、家族が病院に収容させるべきであろう。
 心神耗弱の場合、近いものとしては飲酒による酩酊、薬物による混乱で起こした犯罪がある。飲酒や薬物は結果が予測できるのに判断能力を失うようなことをしたら、責任を問われる。睡眠時に横で寝ている子供を押しつぶして殺した場合は、加害者が巨体、またはそういうことが起こることを予見できたかで争うのだろうけど。
 
 病気などで心神耗弱の場合、ある程度は判断や責任能力があるというケースがだいたいであろう。
 これもよく考えれば、ずっと異常ではないと示しているのではなかろうか。病気ではない正気のときに、自分は病気で判断能力に支障を来す時があって危険である、と予測できるはずである。病気の発作の治療や予防をしなかったことは、飲酒や薬物と同じ判断と責任能力が問われるべきではなかろうかと思う。

 自分が病気だと思わないor思えない、という病識がない場合もある。たいていの病人はこのケースであろう。厄介な状態であるが、周囲の人に指摘されて治療や予防をしなかった場合は、責任を問うたほうがいいのではと思う。
 そして裁判員制度で陪審員が出した判決をあとで司法が覆している。司法と市民社会の乖離を埋めるための制度がまったく無意味となって、より乖離が明確となっていくだけである。
 当たり前だけど法律は現実に先行して作ることはできない。生物学や医学の発見や、各種技術が出て問題となってから初めて変更されるし、充分に検討した上で改変しないと悪用されるのも分かる。が、もうちょっと早く的確に改変してもらわないと被害者が浮かばれない。

飲み会と隣り合わせの灰と青春

 忘年会に出ていました。作家に漫画家に編集者、作曲家にソシャゲや電子インフラのエンジニアに弁護士が集まる謎の会となる。
 おめでたい話題が多い。が、私は今年訴訟だし本は出ないし散々だけどな、と負の笑いを取るしかねえ。

ウィズ表紙

 榊さんがベニ松さんにサインもらうと聞いて、私も本を持ってきた。表紙に光が反射しているが撮り直しはしねえ。
 もう31年前の本であるが、ファンタジーでアクションを描く人は読んでおくといいでしょう。続編の「風よ龍に告げよ」も読むといいのです。読んだあとでまだなにか描けると思えばやったほうがいいし、無理だと思ったら辞めた方がいいです。
 三版ですが、これベニ松さん本人も二版からしか持っていないので、初版を持っている人は貴重。

サイン見開き

 ベニ松さんは創作上での心の死傷、というか師匠で十数年のつきあいがあるけど、今回初めてサインをもらう。なぜニンジャスレイヤーっているのかは分からない。たぶん名字で私を呼ぶのが恥ずかしかったからであろう、そう思いたい。

読解力と本と

 世界79カ国・地域の15歳を対象にした国際学習到達度調査、PISAの結果が今年も発表される。日本は読解力が低下しているそうな。

『実はAIの弱点は読解力』という話もあるようです。読解力がないとなにも始まらないのは、人が言っていることが理解できないし、自分のことも伝えられないし、なにより思考できない。
 四割くらいは読解力に問題があるという結果だけど、世間的にもそんな感じだろうと思う。話が通じないできない人はだいたいそれくらいの割合でしょう。

 どうしたらいいかというと、本を読むことが一番だと思われる。読解力がない人は生物学的医学的問題を除けば、自分のオリジナルというか手作り思考で生きていて、それを手放さないことが多いです。
 天才ならオリジナル思考を周囲が配慮してよしとしますが、私も含めて普通の人の手作り思考って、手で握ったおにぎりをはいどうぞ、って手渡される感じです。たいていの人にノーサンキューされます。

 そこで読書で一回自我を手放し、他人を疑似体験してもらう。
 いつどこで誰がどのようにした、っていう地の文での描写を見ていれば分かりやすい言語パターンが分かってきて、それが読解力と思考力になるんじゃないかと思われます。もちろん、まったく自我を手放せない、最後まで自分のままで本を読む、読書の才能がない人もいますが。
 また本は作者は長ーい手間をかけて長ーい思考で書いています。長ーい思考に触れると、長ーい思考のパターンが分かってきます。たとえば物語はだいたい人生なので、これこれすればこうなるなとパターンが分かると、自分の人生を逆算してこうしよう、こうしない、と考えられるようになるでしょう。
 
 哲学者だと単語の定義から激しく争うくらい精密に考えたがりますが、日常や仕事程度ではそこまでやる必要はないでしょう。いろんな本を読む程度がいいんじゃないかなーと。

最近見たもの

 カレーを作っているとき、隠し味を足したら味が違って、また別の隠し味を足して、結局全体の量が増える現象に名前をつけたいつけたくないですね。

「ポンペイ」
 キーファー・サザーランドさん、顔が現代的すぎてローマ衣装が絶望的に似合わない。あとGOTのジョン・スノウ役のキット・ハリントンさんが主役のケルトの生き残りの剣闘士役。こちらは中世から古代が似合いすぎる。
 闘技場でのアクションがよくできている。監督はポンペイ大噴火はどうでもよくてグラディエーターをやりたかったのではないかという疑惑を、最後の美しいシーンでちゃうわい、とした。
 が、それもまたグラディエーターの美しい終わりに重なると気づいた。

「手紙」
 ドラマ版。強盗殺人を起こした兄のために、弟が延々と苦労する。
 弟にはプロデビューする人に誘われるくらいの音楽の才能があり、また夜学に行くと東大に行ける数学の才能まである。そこで講師の女性とつきあう。が、全部兄のせいで諦めることに。就職しても兄のせいで左遷。
 家庭を持って子供ができる。が、妻子が通り魔に襲われ、今度は被害者の立場となる。そして犯人の親が謝罪に来て、自分も兄が殺した老人の遺族へ謝罪に向かう。最後は刑務所への慰問に行き、兄がいる場で歌う。
 犯罪や他人への迷惑への贖罪や反省はできるのか、というと、できないと思う。死んだ人を蘇生させ、受けた被害を回復できる人はいない。

「ヒックとドラゴン」
 最後にドラゴンをペットと言うのはうーん。相棒と言ってあげては?